2018年03月30日

一般社団法人「知ろう小児医療 守ろう子ども達の会」 中部地区バージョンきらきら

5年前からこの会員ではあったのですが、この度中部地区バージョンをつくり、その代表を務めることになりましたにこにこ

この会は、ママ達が団体を設立し10周年を迎えています。
活動の3つの柱としては、乳幼児の保護者が学ぶ機会の創出、行政・企業への働きかけ、よりよい医療環境をめざして
という点で活動しています。詳しくは→https://www.shirouiryo.com

代表の阿真さんは、3人の子どもを育てる母としていつもすごいパワーでご活躍され、
5年前からのお付き合いでいつも刺激を受けながら、毎回圧倒される時間となります。
2.3年前に岡崎市の健康教育講座にも参加していただきました。

活動は関東での開催が多く、ぜひ地元愛知周辺でも拠点をつくり活動を広めたいと考え、このたび中部地区バージョンが誕生しました。
医療者目線でなく、お母さんたち目線の話にもいつも私も母として共感でき、そして看護師としてはっと気づかされることも多いです。

つなひろの活動とも共通する部分も多く、さらにパワーアップして4月から中部でも頑張っていきたいですきらきら

光るハートメルマガ登録はぜひ!よりよい情報がいっぱいつまっています。もちろん会員登録も大歓迎です光るハート

posted by つなひろ at 09:10| 日記

2018年03月26日

おたふくかぜ予防接種 一部公費助成制度が始まりますねにこにこ

ついに岡崎市でもおたふくかぜワクチンの予防接種の公費助成が始まりますね。
一部公費助成なので、少しはお母さんたちの窓口負担金はありますが、定期接種という位置付けになることはとってもすごいことなのではにないでしょうか。
これでもう完全な任意接種はインフルエンザだけってことでしょうか。すごいですね・・・。

この10年近くの間に予防接種って激変していますよね。うちの子ども(15歳&13歳)の時代は、もちろん同時接種はできなかったし、四種混合も三種混合だし、ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンは存在すら知りませんでした。水ぼうそうもおたふくも2回接種できるなんて数年前までは知らなかったなあ。
ただ髄膜炎などの病気で入院してくる子どもたちは確かに存在し、こういったワクチンのおかげで子どもの病気も変化してきていますよね。例えば、数年後には水ぼうそうってほとんどみなくなるのでしょうかねきらきら

ただ制度を始める時にいつも思うのですが(特にB型肝炎ワクチンの定期接種開始の時は・・・)、その1日違いってちょっぴりくやしくないですか。3月31日までの子は受けれず、4月1日からは使用できるってなんか切ないなあって。
制度なのでこれはどうしようもないですが、気持ちとしてはいつもモヤっとします。

ただ、日にちで区切られますが、子どもにとっては全く差はなく、みんな接種してほしいものですよね。お金はかかっても、病気にかかってしまってはその子どもがつらいものです。ここはお母さんたちの考えでぜひ任意接種であったも打ってあげてください。
「うちは残念ながら定期接種の対象月齢ではなかったけど、病気にかかったらそんな理由意味がないから接種しよう!」っていう素晴らしいママに出会い、毎回感動します。うちの子どもも確か随分大きくなってから B型肝炎ワクチンを3回ずつ2人とも接種させました。これからの子どもは海外に羽ばたつこともあるでしょう。ぜひ定期接種だからとか、任意接種だからというものでなく、ワクチンで防げる病気はどれも接種していきたいですね。いつでもかかりつけ医院で打ちそびれたワクチン確認してもらって接種しましょう。

もちろんつなひろ講座でも、母子手帳さえあれば接種スケジュールを一緒に考えることも可能です。いつでもお声かけてくださいね。
posted by つなひろ at 12:46| 日記

2018年03月09日

本日のつなひろin六ツ美中保育園

六ツ美中保育園へお邪魔しまして、先週に引き続き「子どものアレルギー」のお話をしました。
生後4カ月の赤ちゃんから1歳の子どもまでの10組の親子にお会いできました。

スキンケアではステロイド軟膏のお話や、軟膏のやめどき、洗い方&保湿剤の大切さなどについて。
食物アレルギーでは必要以上に怖がらず、除去する食材はまずは自己判断で除去せずかかりつけ医に相談すること。それ以外は、きちんと流れにそって始めていくことの大切さについて。
”なんとなく怖いからまだ与えていない”や”1歳までは◯◯の食材はやめています”・・は余計に心配だよ、という話、アレルギー症状の出方など、離乳食の標準的な流れのお話もしてきました。

そんな中、保湿剤ってもちろん大切だけどうちの子はほとんど塗ったことなかったなあ、日焼け止めも全然塗らなかったし・・・(時代が違うぷー(かわいく怒)と言われそうですが・・・)。
大切なケアは分かってきているし、やった方がいいケアということも理解できる。

なんでも育児の中では、すごーく最高レベルのことが言われているような気がする。洗濯洗剤や、シャンプー、ボディーソープ・・・、いつから大人と一緒でいいのだろうか・・・、とか。しつけなんて・・・何がいいんだろうってずーーっと考え、今でも悩む・・・。
絶対やらなくてはいけないこと、やった方がいいこと、私はやらないこと・・・・など決めておくと楽かなあってよく思う。
今の時代、やった方がいいことの情報が多すぎて、育児もぐんぐん自分でよりレベルを上げてしまいそう。でも自分も子どもも疲れてしまってはもったいない。だって、こうした方がいいって情報、今は勝手に入ってくる。

手を抜いてもいいことは、ずいぶん手を抜いて、みんなの力を借りて、楽しんでいくことも大切だもん!
疲れていつ日はやらなくてもいいこともいっぱいあるよねにこにこって勝手にいいように解釈して、どんなに立派な食事より、私の笑顔の方が100倍子どもは嬉しいはずってこれまた都合よく解釈してやってきたあせあせ(飛び散る汗)

頑張っているママたちに今日もたくさん出会い、毎回感心してしまう時間で、私も頑張ろうってパワーをもらったよきらきら
ありがとうございました光るハート
posted by つなひろ at 10:27| つなひろ活動報告