2018年10月31日

復職前講座 ご参加くださりありがとうございました。

先週末の27日は総合子育て支援センターで復職前講座を行いました。
2部制で1時間ずつ35名の入れ替わり制で計70名の方が参加予定でありました。
当日は急な病気でお休みされた方もいたようですが、たくさんの方が参加して下さり嬉しかったです光るハート

入園前に聞いててよかったーーーって思ってもらえる話、そういえばあんなこと言ってたなあって後で思い出してもらえる話をって気持ちで話しました。
自分も15年前に初めて保育園に子どもを連れて言った日を思い出す貴重な時間となりました。2歳3ヶ月&10ヶ月の2人を。
不安いっぱいの職場復帰と保育園生活だった青ざめ保育園の先生方に何度も助けてもらいました。

うちの子どもたちも言っていますし、よく言われる事ですが、やっぱり決めた方を”良かったー”ってしていくしかないきらきら
こんなに早く保育園預けなければ良かったかなあ・・・?、やっぱりかわいそうかなあ・・・?とか何度も私も自問自答しました。でも子どもたちは意外となんとも思わず、「だって、そっちしか知らないじゃん、こういうもんだって思ってたんじゃない?」って。
確かにそうですよね。私たち大人は、仕事続ける?続けない?保育園に預ける?預けない?の選択をして預けているのですが、子どもにとってはそれが全てなわけです。だから色々考えちゃう前に、こっちのが正解きらきらって思ってもらえるように努力したほうがよっぽどいい!!
子どもに聞くと意外に子どもの方がしっかり分かっているんだなあって最近よく思うにこにこ

小学2年生の子どもに聞いたことがあります、「ママ、すごく大きな失敗してすごく怒られたんだけど、どうしよう・・・。」っと。小学2年生の子どもですら、「また頑張ればいいんだよ、何度もやっていたら、できるようになるから!ママがんばって。」って慰められました。意外に子どもの方が純粋にいい言葉を贈ってくれます。
もう今は、「はーー青ざめまだそんな間違いしてるの?何回言ったらわかるの?もういい加減やばくない?」って辛口コメントを頂くようになってしまいましたが・・・顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
子どもの反応はどんな時も素直でかわいいですね。



˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚ご連絡˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚
会の途中でもお話ししましたが、来てくださった方にOS1をお渡ししたかったんですが、当日間に合わず、昨日10月30日に総合子育て支援センターにお届けしてあります。
参加された方は何かのついでの時にでも受付でもらってください。
大塚製薬さんのご好意でドリンクタイプとゼリータイプの2種類お渡しします。これから流行る胃腸風邪やインフルエンザなんかの時にでもぜひ使ってくださいねにこにこ
posted by つなひろ at 13:35| 日記

2018年10月12日

な、な、なんと!受賞!

つなひろの活動が、内閣官房主催の第2回薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰に応募し、光栄なことに受賞することができました。

つなひろは応援大使賞をいただきました。タレントのJOYさん賞ということですねきらきら
他の受賞の方々を見ても本当に場違いのような感じですが、来月の表彰式楽しんできたいと思います。
つなひろ活動にご理解いただき、ご協力いただいている岡崎市のご担当の方、
子育て支援センターの方に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとうございます光るハート

これからも子どもを育てている方々、その周りの方々に少しでも良い情報を誤解なく伝えていけるように頑張っていきたいです。

またどこかでしっかりご報告できたら嬉しいなあって思っていますにこにこ
posted by つなひろ at 09:41| 日記

2018年10月05日

つなひろin総合子育て支援センター

昨日は総合子育て支援センターへお邪魔しました。
そして、3.4ヶ月の子どもを持つ初めてママの集まる、「ねんね広場」の日でした。
なのでお話も3.4ヶ月の子どもとの過ごし方や、お熱を出した時の受診の目安やお家でのケアについて、離乳食のこれだけは!、上手な小児科のかかり方・・・について30分くらいのお話をさせて頂きました。

途中話していて、なんか・・・???いつもと違う・・・?なんでだろう・・・??


「そっか、今日はめっちゃ静かなんだ・・・きらきら」って気づいた!
いつもは1、2歳の元気いっぱいの子どもがウロウロ、ニコニコ、ガチャガチャしながら楽しく、途中休憩しながらお話しするのですが、いやーーー今日はしーーーーーんってあせあせ(飛び散る汗)
みんな熱心に聞いていただきありがとうございましたにこにこやけに静かで緊張しちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
3.4ヶ月の子どもたちがマットの上でご機嫌よくゴロゴロしながら、ママのお膝でニコニコしながら、楽しい時間でした。

毎回ここでの時間は我が子の3.4ヶ月の時期を思い出します。10年以上前ですが・・・。
もっと楽に考えれば良かったなあ、もっと頼れば良かったなあ、すっごくかわいいのに、でも大変あせあせ(飛び散る汗)とか。
こういう場があると色々相談できるんだろうなあ。

子どもが病気の時って親もしんどい時もありますよね。
そんな時はママたちも横で一緒にゆっくりできるといいなあって。
病院へ連れて行くことだけが看病ではなく、きちんと観察してゆっくり休養させてあげることも立派な治療(看病)の一つです。
絶対に病院にいかなきゃ治らないっではなく、必要な時にいこう。もちろん絶対に連れて行かなきゃダメな時もありますが・・・。まずは様子をみるという選択も十分アリですよね。
でもその必要な時が迷うんですよーーーって言われそうですが、岡崎市の急病ガイドブックや#8000、子どものサイン「食う・寝る・遊ぶ・出す」のサインをまずは見てみよう。そのために子どもの”いつも”を今のうちのよーく観察しておこう!ってね。

こういった病院に連れて行く必要がある時はどんな時か?タイミングは?まず何をしたら良いか?などなどをお話しして行くのがつなひろの会です。
毎月どこかの支援センターではやっていますのでお気軽にご参加ください。

昨日参加していただきました13組のママたち、ありがとうございました光るハート

IMG_0992.jpgIMG_0989.jpg




posted by つなひろ at 11:32| つなひろ活動報告