2019年02月08日

小学校でのBLS授業

昨日は岡崎市内の小学校へお邪魔しまして、5年生に「つなげよう 命のバトン」という授業を行ってきました。
5年目のとなり、毎年この時期がとっても楽しみであります光るハート

前半は命のバトンをつなぐために小学生でもできることのお話をし、
後半はみんなで胸骨圧迫とAEDの使用について体験学習です。
119名を12グループに分けて、全員が体験できるようにします。
消防署からの3名の方と、小児科医、看護師と学校の先生にもご協力いただき毎年開催できています。

小学生にとって、手技取得はもちろん大切ですが、それ以上に、やってみようと思う、触れてみるってことが一番の目標でもあります。
動機付けはこの授業の中で最も大切だと思っていることの一つですにこにこ
今年の5年生はとっても積極的でみんな必死に体験していました。最後の舞台での成果発表?的なものは、びっくりするくらいの子どもたちが舞台に上がってやってくれました。
私たち大人もこういった中で、いざという時に不安だけど自分にできることを精一杯やろう、助けてほしいって言おうってことを再確認する時間でもあります。こういった時間があるからこそ、私もまたBLSやっておこうって重い腰をあげることができるにこにこ

自分の子どもはもうこんな時期は過ぎてしまい、最近は私の忘れ物確認係のような子どもになっている。どっちがこどもなのか・・・って旦那にも言われるあせあせ(飛び散る汗)
ついこの間も下の子のスキー合宿で、大切な大切な「立志の式」というものの中で親からの手紙ってサプライズがあるのだけれど、
私はなぜか手紙を入れ忘れてしまった・・・青ざめ
帰ってきた娘にも、「お母さんって肝心なときになんかやらかすよね・・・あせあせ(飛び散る汗)」って言われた。そうなんです、なんかやらかすんですよね。
今朝も、「パソコン持った?電源もった?コネクターもった?」って上の子には出かけに言われる。
本当どっちが母なのやら・・・。

だから、昨日はとっても私自身が楽しい時間となりました光るハート
小学生の純粋さに触れ、自分の心の闇が払拭されていく時間でもあったりして・・・あせあせ(飛び散る汗)

毎年お声かけしてくださる養護の先生、校長先生はじめ5年生の先生方、本当にありがとうございましたにこにこ
そして子どもを育てるママもまた、ぜひ一度は学び直すチャンスです!!
つなひろ講座でも、クリニックでも開催しています。
ぜひぜひご参加くださいね。胸骨圧迫もAEDもみんなが知っておくことが大切ですにこにこ
救急車がくるまでの時間もとっても重要な時間だからきらきら

posted by つなひろ at 09:38| 日記